業績

 

2013年 業績

学会発表

・肺線癌による癌幹細胞マーカー-アルデヒド脱水素酵素1-の臨床病理学的検討

【第113回 日本外科学会定期学術集会 2013年 4月11-13日 福岡】
小山倫浩、浦本秀隆、竹中賢、近石泰弘、中川誠、永田好香、下川秀彦、岩田輝男、宗知子、花桐武志、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、大崎敏弘、中西良一、兼田博、本田志延、田中文啓


・Aldehyde dehydrogenase-2 regulates esophageal epithelial cell senescence checkpoint functions activated by an alcohol metabolite.
Digestive Disease Week, Orlando, Florida, USA, 5/18-21, 2013
Amanuma Y, Ohashi S, Tsurumaki M, Kikuchi O, Kuriyama D, Nakai Y, Setoyama T, Miyamoto S, Oyama T, Chiba T, Muto M


・治療前診断と解剖所見が不一致であった肺癌の一例

【第36回 日本呼吸器内視鏡学会学術総会 2013年 6月20-21日 さいたま】
大村春孝、小山倫浩、池亀聡、田口和仁、若松謙太郎、永田忍彦


・肺腺癌による癌幹細胞マーカー-ALDH1-の発現

【第17回 国際個別化医療学会 2013年 11月14日 神戸】
小山倫浩、吉松隆、宮田剛彰、満枝怜子、長屋寿雄、後藤章暢


論文

・Rheumatoid arthritis患者における糖尿病発症についての検討

今村秀基、中塚敬輔、吾妻妙子、山崎政治、小辻英明、吉田泰憲、浦本秀隆、小山倫浩、田中良哉
臨床と研究 90: 101-103、2013
 

2014年 業績

学会発表

・肺腺癌の癌幹細胞マーカーであるALDH1発現はDFI予測因子となる

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
小山倫浩、浦本秀隆、竹中賢、近石泰弘、岡壮一、平井文子、岩浪崇嗣、下川秀彦、永田好香、宗知子、宮田剛彰、吉松隆、大崎敏弘、中西良一、田中文啓


・75歳以上の高齢者肺癌に対する胸腔鏡下肺葉切除の検討

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
篠原 伸二、山下 智弘、小山 倫浩、中西 良一


・局所進行非小細胞肺癌に対する完全胸腔鏡下肺葉切除術

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
篠原 伸二、山下 智弘、小山 倫浩、中西 良一


・Evaluations of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) immunoreactivity in human lung adenocarcinoma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Oyama T, Uramoto H, Shinohara S, Nagata Y, So T, Nagaya H, So T, Miyata T, Yoshimatsu T, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Gotoh A


・Expression of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) and its relationship with clinical parameters in lung adenocarcinoma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Miyata T, Yoshimatsu T, Oyama T, Nagaya H, Mitsueda R, Sekimura A, So T, Nose N, Gotoh A


・Salvianolic acid B suppresses growth of malignant pleural mesothelioma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Nagaya H, Nakagawa Y, Miyata T, Yi Dai, Oyama T , Gotoh A


・Development of the newly anticancer drug for human bladder cancer.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Nakagawa Y, Nagaya H, Mabuti M, Miyata T, Oyama T , Matsumoto H, Gotoh


・Usefulness of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) immunoreactivity in human lung adenocarcinoma.

【第19回 国際個別化医療学会学術集会 2014年 11月15日 東京】
Oyama T , Uramoto H, Shinohara S, Nagata Y, So T, Nagaya H, So T, Miyata T, Yoshimatsu T, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Gotoh A


・Clinical examination of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) expression in lung adenocarcinoma

【第19回 国際個別化医療学会学術集会 2014年 11月15日 東京】
Miyata T, Yoshimatsu T, Oyama T , Nagaya H, Mitsueda R, Sekimura A, So T, Nose N, Gotoh A


・IV期小細胞肺癌に対する外科切除の検討

【第55回 日本肺癌学会総会 2014年 11月14日-16日 京都】
篠原伸二、安田学、小山倫浩、中西良一


論文

・Thoracoscopic anatomic pulmonary resection for locally advanced non-small cell lung cancer.

Nakanishi R, Fujino Y, Yamashita T, Shinohara S, Oyama T
Ann Thorac Surg 97: 980-985、2014


・Advances in the use of video-assisted thoracoscopic lobectomy in lung cancer: sleeve bronchoplasty and artrioplasy.

Nakanishi R, Shinohara S, Yamashita T, Oyama T, Hanaka T, Kuboi S
Lung Cancer Manage 3:287-295、2014
 

2015年 業績

学会発表

・気管・気管支形成術の工夫〜完全胸腔鏡手術において〜ビデオワークショップ1 気管・気管支再建術

【第38回 日本呼吸器内視鏡学会学術総会 2015年 6月11-12日 東京】
中西良一、安田学、篠原伸二、小山倫浩、久保井礼、畑亮輔

・Jelly fish法を用いた肺嚢胞切除術の7症例

【第32回 日本呼吸器外科学会総会 2015年 05月14-15日 高松】
宮田剛彰, 吉松隆, 満枝怜子, 関村敦, 宗哲哉, 能勢直弘, 小山倫浩

・限局的遠隔転移を有するIV期肺癌に対する原発巣切除症例の検討

【第32回 日本呼吸器外科学会総会 2015年05月14-15日 高松】
安田学, 篠原伸二, 小山倫浩, 中西良一

・3回の肺切除を施行した多発肺癌の長期生存例

【第32回 日本呼吸器外科学会総会 2015年05月14-15 高松】
吉松隆, 宮田剛彰, 満枝怜子, 関村敦, 宗哲哉, 能勢直弘, 小山倫浩

・気管支血管束に沿って増大を認めた左肺腫瘍の一例

【第32回 日本呼吸器外科学会総会 2015年 05月14-15日 高松】
篠原伸二, 安田学, 小山倫浩, 中西良一

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1)は予後や無再発生存期間(DFI)に関連する

【第32回 日本呼吸器外科学会総会 2015年 05月14-15日 高松】
小山倫浩, 浦本秀隆, 米田和恵, 平井文子, 竹中賢, 近石泰弘, 岡壮一, 黒田耕志, 永田好香, 田嶋裕子, 宗知子, 能勢直弘, 宗哲哉, 宮田剛彰, 吉松隆, 後藤章暢, 大崎敏弘, 安田学, 中西良一, 田中文啓

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1発現)と臨床病理学因子との関連

【第115回 日本外科学会定期学術集会 2015年04月16-18日 名古屋】
宮田剛彰、吉松 隆、満枝怜子、関村 敦、宗 哲哉、能勢直弘、小山倫浩、後藤章暢

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1)と分子腫瘍マーカー(EGFR・K-ras)の相関関係

【第115回 日本外科学会定期学術集会 2015年04月16-18日 名古屋】
小山倫浩、浦本秀隆、平井文子、竹中賢、近石泰弘、岡壮一、黒田耕志、永田好香、田嶋裕子、宗知子、能勢直弘、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、大崎敏弘、安田学、中西良一、田中文啓

・ALDH1 expression will be an independent prognostic factor of over all survival in patients with lung adenocarcinoma.

【第74回 日本癌学会学術総会 2015年10月08-10日 名古屋】
Oyama T, Uramoto H, Yoneda K, Nagaya H, Kuroda K, Nagata Y, So T, Miyata T, Yoshimatsu T, Osaki T, Yasuda M, Nakanishi R, Tanaka F, Gotoh A

・Development of the new anti-cancer drug using drug repositioning methods.

【第74回 日本癌学会学術総会 2015年10月08-10日 名古屋】
Nagaya H, Nakagawa Y, Mabuchi M, Miyata T, Oyama T, Matsumoto H, Gotoh A

・Clinical significance of cancer stem cell marker(ALDH1) and tumor markers(CEA) in human lung adenocarcinoma.

【第74回 日本癌学会学術総会 2015年10月08-10日 名古屋】
Miyata T, Yoshimatsu T, So T, Oyama T, Nagaya H, Gotoh A

・肺腺癌の癌幹細胞マーカー(ALDH1)と予後・無再発生存期間(DFI)の関連

【第67回 日本気管食道科学会総会 2015年11月19-20日 福島】
小山倫浩、浦本秀隆、米田和恵、黒田耕志、田嶋裕子、能勢直弘、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、大崎敏弘、安田学、花桐武志、中西良一、田中文啓

・肺腺癌の癌幹細胞マーカー(ALDH1)と腫瘍マーカー(CEA)の関連

【第67回 日本気管食道科学会総会 2015年11月19-20日 福島】
宮田剛彰、吉松隆、小山倫浩、長屋寿雄、関村敦、宗哲哉、能勢直弘、後藤章暢

論文

・Cancer stem cell markers in lung cancer.

Miyata T, Yoshimatsu T, So T, Oyama T, Uramoto H, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Nagaya H, Gotoh A
Personalized Medicine Universe 4:40-45 2015
 

・Protective role of ALDH2 against acetaldehyde-derived DNA damage in oesophageal squamous epithelium.

Amanuma Y, Ohashi S, Itatani Y, Tsurumaki M, Matsuda S, Kikuchi O, Nakai Y, Miyamoto S, Oyama T, Kawamoto T, Whelan KA, Nakagawa H, Chiba T, Matsuda T, Muto M
Sci Rep 5:14142 2015
 

2016年 業績

学会発表

・Cancer stem cell markers (ALDH1 and CD133) expression could be associated with a poor prognosis in the patients with lung adenocarcinoma.
Annual Meeting of American Association for Cancer Research

【2016-04/16-04/20 New Orleans, Louisiana, USA】
Miyata T, Yoshimatsu T, So T, Oyama T, Uramoto H, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Nagaya H, GotohA
 

・間質影を合併した肺癌症例に対する術前PET検査有用性の検討

【第33回 日本呼吸器外科学会総会 2016-05/12-13 京都】
安田学、古賀博文、森将鷹、芦刈周平、小山倫浩、中西良一、花桐武志
 

・Evaluations of aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) and TP53 expressions in human lung adenocarcinoma.

【第75回 日本癌学会学術総会 2016-10/06-08 横浜】
Oyama T, Uramoto H, Yoneda K, Imanishi N, Nagaya H, Miyata T, So T, Yasuda M, Yoshimatsu T, Hanagiri T, Osaki T, Tanaka F, Gotoh A
 

・Clinical significance of cancer stem cell markers (ALDH1 and CD133) in the patients with lung adenocarcinoma.

【第75回 日本癌学会学術総会 2016-10/06-08 横浜】
Miyata T, Yoshimatsu T, Higa H, Kawano D, Sekimura A, So T, Oyama T, Nagaya H, Gotoh A
 

・Danshen suppresses growth of malignant pleural mesothelioma.

【第75回 日本癌学会学術総会 2016-10/06-08 横浜】
Nagaya H, Nakamura A, Miyata T, Oyama T, Gotoh A
 

・Antitumor effect of naftopidil against undifferentiated gastric cancer cells.

【第75回 日本癌学会学術総会 2016-10/06-08 横浜】
Nakamura A, Nagaya H, Miyata T, Oyama T, Matsumoto H, Gotoh A
 

・Jelly fish法を用いた肺嚢胞切除術の29症例

【第78回 日本臨床外科学会総会 2016-11/24-26 東京】
宮田剛彰、吉松隆、関村敦、宗哲哉、能勢直弘、小山倫浩
 

論文

・Piperazine-based Alpha-1 AR Blocker, Naftopidil, selectively suppresses malignant human bladder cells via induction of apoptosis.

Anticancer Res 36:1563-1570 2016
Nakagawa U, Nagaya H, Miyata T, Wada Y, Oyama T, Gotoh A

 

このページの先頭へ