2014年 業績

 

学会発表

・肺腺癌の癌幹細胞マーカーであるALDH1発現はDFI予測因子となる

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
小山倫浩、浦本秀隆、竹中賢、近石泰弘、岡壮一、平井文子、岩浪崇嗣、下川秀彦、永田好香、宗知子、宮田剛彰、吉松隆、大崎敏弘、中西良一、田中文啓


・75歳以上の高齢者肺癌に対する胸腔鏡下肺葉切除の検討

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
篠原 伸二、山下 智弘、小山 倫浩、中西 良一


・局所進行非小細胞肺癌に対する完全胸腔鏡下肺葉切除術

【第31回 日本呼吸器外科学会総会 2014年 5月29日-30日 東京】
篠原 伸二、山下 智弘、小山 倫浩、中西 良一


・Evaluations of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) immunoreactivity in human lung adenocarcinoma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Oyama T, Uramoto H, Shinohara S, Nagata Y, So T, Nagaya H, So T, Miyata T, Yoshimatsu T, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Gotoh A


・Expression of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) and its relationship with clinical parameters in lung adenocarcinoma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Miyata T, Yoshimatsu T, Oyama T, Nagaya H, Mitsueda R, Sekimura A, So T, Nose N, Gotoh A


・Salvianolic acid B suppresses growth of malignant pleural mesothelioma.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Nagaya H, Nakagawa Y, Miyata T, Yi Dai, Oyama T , Gotoh A


・Development of the newly anticancer drug for human bladder cancer.

【第73回 日本癌学会学術総会 2014年 9月25日-27日 横浜】
Nakagawa Y, Nagaya H, Mabuti M, Miyata T, Oyama T , Matsumoto H, Gotoh


・Usefulness of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) immunoreactivity in human lung adenocarcinoma.

【第19回 国際個別化医療学会学術集会 2014年 11月15日 東京】
Oyama T , Uramoto H, Shinohara S, Nagata Y, So T, Nagaya H, So T, Miyata T, Yoshimatsu T, Osaki T, Nakanishi R, Tanaka F, Gotoh A


・Clinical examination of Aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1) expression in lung adenocarcinoma

【第19回 国際個別化医療学会学術集会 2014年 11月15日 東京】
Miyata T, Yoshimatsu T, Oyama T , Nagaya H, Mitsueda R, Sekimura A, So T, Nose N, Gotoh A


・IV期小細胞肺癌に対する外科切除の検討

【第55回 日本肺癌学会総会 2014年 11月14日-16日 京都】
篠原伸二、安田学、小山倫浩、中西良一


論文

・Thoracoscopic anatomic pulmonary resection for locally advanced non-small cell lung cancer.

Nakanishi R, Fujino Y, Yamashita T, Shinohara S, Oyama T
Ann Thorac Surg 97: 980-985、2014


・Advances in the use of video-assisted thoracoscopic lobectomy in lung cancer: sleeve bronchoplasty and artrioplasy.

Nakanishi R, Shinohara S, Yamashita T, Oyama T, Hanaka T, Kuboi S
Lung Cancer Manage 3:287-295、2014

 

>2013年の業績はこちら

>2014年の業績はこちら

>2015年の業績はこちら

>2016年の業績はこちら

>2017年の業績はこちら

>2018年の業績はこちら

このページの先頭へ