2018年 業績

 

学会発表

・肺腺癌における癌幹細胞マーカーALDH1・CD133発現の意義

【第118回 日本外科学会定期学術集会 2018-04/05-07 東京】
小山倫浩、浦本秀隆、名部裕介、平井文子、篠原伸二、竹中賢、田嶋裕子、米田和恵、市来嘉伸、黒田耕志、今西直子、山下直樹、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、安田学、大崎敏弘、花桐武志、中西良一、田中文啓

・肺腺癌における癌幹細胞マーカーALDH1・CD133は相関して発現する傾向がある

【第35回 日本呼吸器外科学会総会 2018-05/17-18 千葉】
小山倫浩、浦本秀隆、名部裕介、平井文子、篠原伸二、竹中賢、田嶋裕子、米田和恵、市来嘉伸、黒田耕志、今西直子、山下直樹、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、安田学、大崎敏弘、花桐武志、中西良一、田中文啓

・肺癌取扱い規約第7版における大細胞癌の病理学的検討

【第35回 日本呼吸器外科学会総会 2018-05/17-18 千葉】
吉松隆、川野大悟、山下直樹、宗哲哉、下川秀彦、比嘉花絵、宮田剛彰、小山倫浩

・小型肺癌により傍腫瘍性神経症候群(辺縁系脳炎)を来した1例る

【第35回 日本呼吸器外科学会総会 2018-05/17-18 千葉】
宗哲哉、山下直樹、比嘉花絵、宮田剛彰、川野大悟、吉松隆、下川秀彦、中野龍治、小山倫浩

・アスペルギローマに部分肺静脈還流異常を合併した一例

【第35回 日本呼吸器外科学会総会 2018-05/17-18 千葉】
山下直樹、宗哲哉、比嘉花絵、宮田剛彰、川野大悟、吉松隆、下川秀彦、小山倫浩

・Relationships between cancer stem cell markers (ALDH1 & CD133) and disease-free intervals in human lung adenocarcinoma.

【第77回 日本癌学会学術総会 2018-09/27-29 大阪】
Oyama T, Uramoto H, Yoneda K, Imanishi N, Ichiki N, Yamashita N, So T, Yasuda M, Yoshimatsu T, Hanagiri T, Osaki T, Tanaka F, Gotoh A

・肺癌術後再発・上部胸椎浸潤により不全対麻痺と膀胱直腸障害を来した一例

【第59回 日本肺癌学会学術集会 2018-11/29-12/1 東京】
宗哲哉、山下直樹、比嘉花絵、宮田剛彰、下川秀彦、川野大悟、吉松隆、小山倫浩

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(Aldehyde dehydrogenase-1・CD133)の予後因子としての重要性

【第70回 日本気管食道科学会総会 2018-11/08-09 東京】
小山倫浩、浦本秀隆、 桒田泰治、平井文子、竹中賢、今西直子、市来嘉伸、山下直樹、宗哲哉、吉松隆、花桐武志、安田学、大崎敏弘、中西良一、田中文啓

論文

・縦隔型右下葉枝A7+8+9の破格を伴った右肺下葉切除の1例

日呼外会誌 32: 731-735 2018
宮田剛彰、比嘉花絵、元春洋輔、吉松 隆、山下直樹、小山倫浩

>2013年の業績はこちら

>2014年の業績はこちら

>2015年の業績はこちら

>2016年の業績はこちら

>2017年の業績はこちら

>2018年の業績はこちら

このページの先頭へ