2019年 業績

 

学会発表

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(Aldehyde dehydrogenase-1とCD133)の発現と無再発生存期間(DFI)

【第119回 日本外科学会定期学術集会 2019-04/18-20 大阪】
小山倫浩、浦本秀隆、名部祐介、平良彰浩、篠原伸二、桒田泰治、平井文子、田嶋裕子、今西直子、米田和恵、市来嘉伸、山下直樹、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、安田学、大崎敏弘、花桐武志、中西良一、田中文啓

・脳転移合併非小細胞肺癌に対する肺切除の意義

【第119回 日本外科学会定期学術集会 2019-04/18-20 大阪】
吉松隆、川野大悟、山下直樹、宗哲哉、下川秀彦、比嘉花絵、宮田剛彰、小山倫浩

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1・CD133)の無再発生存期間(DFI)・予後予測因子としての有用性

【第36回 日本呼吸器外科学会学術集会 2019-05/16-17 大阪】
小山倫浩、浦本秀隆、平良彰浩、篠原伸二、 桒田泰治、平井文子、田嶋裕子、今西直子、米田和恵、市来嘉伸、山下直樹、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、安田学、大崎敏弘、花桐武志、中西良一、田中文啓

・Trousseau症候群を伴った肺癌の1術後長期生存例

【第36回 日本呼吸器外科学会学術集会 2019-05/16-17 大阪】
宗 哲哉、山下直樹、比嘉花絵、宮田剛彰、川野大悟、吉松隆、下川秀彦、中野龍治、小山倫浩

・原発性肺髄膜腫の1例

【第36回 日本呼吸器外科学会学術集会 2019-05/16-17 大阪】
山下直樹、宗哲哉、比嘉花絵、宮田剛彰、下川秀彦、川野大悟、吉松隆、小山倫浩

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1・CD133)発現及びその無再発生存期間と予後

【第92回 日本産業衛生学会 2019-05/22-25 名古屋】
小山倫浩山口優子、山口哲右、辻真弓、竹中賢、黒田耕志、山下直樹、宗哲哉、吉松隆、田中文啓、後藤章暢

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1・CD133)の無再発生存期間(DFI)・予後因子としての意義

【第42回 日本呼吸器内視鏡学会学術総会 2019-07/04-05 東京】
小山倫浩、浦本秀隆、金山雅俊、名部祐介、平良彰浩、篠原伸二、 桒田泰治、平井文子、田嶋裕子、今西直子、米田和恵、市来嘉伸、山下直樹、宗哲哉、宮田剛彰、吉松隆、後藤章暢、安田学、大崎敏弘、花桐武志、中西良一、田中文啓

・ある企業における長時間労働とストレスチェックとの関係

【2019年度 日本産業衛生学会九州地方会学会 2019-07/12-07/13 北九州】
山口優子、山口哲右、田中里枝、田中政幸、北川恭子、辻真弓、小山倫浩

・Evaluations of aldehyde dehydrogenase-1 (ALDH1), CD133 and CD44 expressions in human lung adenocarcinoma.

【第78回 日本癌学会学術総会 2019-09/26-28 京都】
Oyama T, Uramoto H, Yoneda K, Kuroda K, Miyata T, Yamashita N, So T, Yasuda M, Yoshimatsu T, Hanagiri T, Osaki T, Tanaka F, Gotoh A

・Expression of Cancer Stem Cell markers in human lung adenocarcinoma.

【第25回 国際個別化医療学会学術集会 2019-10/20 東京】
Yamashita N, Oyama T, So T, Yoshimatsu T, Matunaga W, Gotoh A

・肺腺癌における癌幹細胞マーカー(ALDH1・CD133)発現はその無再発生存期間と予後に影響するか?

【第71回 日本気管食道科学会総会 2019-11/28-29 宇都宮】
小山倫浩、浦本秀隆、篠原伸二、 ?田泰治、今西直子、黒田耕志、宗哲哉、宮田剛彰、山下直樹、吉松隆、花桐武志、後藤章暢、大崎敏弘、中西良一、田中文啓

・手術を施行した90歳以上超高齢者肺癌の2例

【第60回 日本肺癌学会学術集会 2019-12/06-12/08 大阪】
宗哲哉、山下直樹、比嘉花絵、宮田剛彰、山岡賢俊、川野大悟、吉松隆、下川秀彦、山中澄隆、小山倫浩

・診断および治療方針決定に難渋したリンパ上皮腫様癌の1例

【第60回 日本肺癌学会学術集会 2019-12/06-12/08 大阪】
山下直樹、川野大悟、山岡賢俊、宗哲哉、比嘉花絵、宮田剛彰、下川秀彦、山中澄隆、中野龍治、吉松隆、小山倫浩

論文

・Near lethal hemoptysis caused by the recanalized bronchial recemose hemangioma.

Journal of Pulmonaryu Medicine and Respiratoryu Care

1:Issue 1-1001 2019
SoT, Yamashita N, Higa H, Miyata T, Shimokawa H, Kawano D, Yoshimatsu T, Oyama T

>2013年の業績はこちら

>2014年の業績はこちら

>2015年の業績はこちら

>2016年の業績はこちら

>2017年の業績はこちら

>2018年の業績はこちら

>2019年の業績はこちら

このページの先頭へ